スプリンターズステークス 予想

スプリンターズステークス(トップ画像)

宝塚記念から引き続き、古馬G1レースなので上原師を描きました。

引き続き彼は人類の存亡を賭けて戦います(このブログの中だけの設定です)

ちなみに相棒の松山弘平ジョッキー(相棒なのはこのブログの中だけです)は今回は乗る馬がなかったみたいで出ていません。

 

スプリンターズステークス(GⅠ)とは

春の高松宮記念と並んでJRAのGⅠレース最短の1200mのスプリント戦

西暦2000年以降は秋のGⅠシリーズの開幕を告げるレースとして定着をした。

錚々たるスピード自慢が集まって来る秋の短距離王決定戦である。

 ステップレース

函館スプリントS(GⅢ)

  • セイウンコウセイ(4着)
  • シュウジ(10着)

函館スプリントS(GⅢ) 感想

前を走ってたセイウンコウセイが案外伸びなかった、1着~3着の馬はスプリンターズSに出走していないが、この負け方は不安が残る

アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

  • フィドゥーシア(2着)
  • ラインミーティア(1着)
  • ネロ(10着)

アイビスサマーダッシュ(GⅢ) 感想

ラインミーティアの差し脚はまあまあ。フィドゥーシアは良く残った(強い)と思う

カーブの無い1000mのレースの成績がどこまで参考になるのか??

キーンランドC(GⅢ)

  • モンドキャンノ(6着)
  • ネロ(8着)
  • シュウジ(13着)

キーンランドC(GⅢ) 感想

優勝したエポワスは強かったけど、他の馬は見せ場なかったように思います

CBC賞(GⅢ)

  • スノードラゴン(5着)
  • メラグラーナ(10着)

CBC賞(GⅢ) 感想

スノードラゴンもメラグラーナも存在感ありませんでした

北九州記念(GⅢ)

  • ダイアナヘイロー(1着)
  • ファインニードル(5着)

北九州記念(GⅢ) 感想

先行したダイアナヘイローの強さが感じれるレースでした

セントウルS(GⅡ)

  • スノードラゴン(8着)
  • フィドゥーシア(9着)
  • ラインミーティア(2着)
  • メラグラーナ(4着)
  • ファインニードル(1着)
  • ダンスディレクター(3着)

セントウルS(GⅡ) 感想

ファインニードルの強さは感じましたが 2着以下の馬は団子状態

スプリンターズステークス(GⅠ) 出馬表

馬番 馬名 騎手
1 スノードラゴン 大野拓
レッツゴードンキ 岩田康
セイウンコウセイ 幸英明
フィドゥーシア 三浦皇
ラインミーティア 西田誠
ワンスインナムーン 石橋脩
ダイアナヘイロー 武豊
レッドファルクス デムーロ
メラグラーナ 戸崎圭
10 ビッグアーサー 福永祐
11 モンドキャンノ 池添謙
12 ブリザード モッセ
13 ファインニードル 内田博
14 ネロ 勝浦正
15 シュウジ 横山典
16 ダンスディレクター 浜中俊

 

スプリンターズS レース傾向(データ)

※全て過去10年のデータです

勝率最高枠 7枠(15%)

複勝率最高枠 7枠(40%)

スプリンターズS(2017)の7枠 13ファインニードル 14ネロ

勝率最低枠 2・3・6枠(0%)

複勝率最低枠 6枠(5%)

スプリンターズS(2017)の6枠 11モンドキャンノ 12ブリザード

勝率最高馬齢

4歳(13.0%)

複勝率最高馬齢

4歳(39.1%)

スプリンターズS(2017)の4歳馬

3セイウンコウセイ 6ワンスインナムーン 7ダイアナヘイロー 13ファインニードル 15シュウジ

勝率最低馬齢

7歳(0%)

複勝率最低馬齢

7歳(7.1%)

※6歳(8.3%)・8歳(8.3%)と6歳以上がワースト3を占めているので6歳以上の馬には厳しいレースと言える

勝率最高脚質

逃げ(20%)

複勝率最高脚質

逃げ(40%)

スプリンターズS(2017)の逃げ馬

4フィドゥーシア 15シュウジ

勝率最低脚質

追い込み(0%)

複勝率最低脚質

追い込み(4.2%)

スプリンターズS(2017)の追い込み馬

5ラインミーティア

最高勝率種牡馬

クロフネ(33.3%)

アドマイヤコジーン(33.3%)

スプリンターズS(2017)のアドマイヤコジーン産駒(クロフネ産駒は出走無し)

1スノードラゴン

複勝率50%以上の種牡馬

オンファイア(100%)

Fuji kiseki(66.7%)

チーフベアハート(66.7%)

クロフネ(50%)

スウェプトオーヴァーボード(50%)

キングヘイロー(50%)

フレンチデピュティ(50%)

ロージズインメイ(50%)

スプリンターズS(2017)のキングヘイロー産駒(他の複勝率50%以上の種牡馬の産駒は出走無し)

7ダイアナヘイロー

スプリンターズステークス(2017) 予想

逃げの4フィドーシアはアイビスSD2着でもあったし押さえておきたい

6歳以上は勝率が悪いので本命にしたくないが

5ラインミーティア(アイビスSD1着) 8レッドファルクス(安田記念3着) 16ダンスディレクター(セントウルS3着) は気になる

5ラインミーティアは追い込み馬なので勝機薄いと予想して馬券から外す16ダンスディレクターはセントウルS3着なので思い切って外す

5歳以下の馬では3セイウンコウセイ(高松宮1着) 6ワンスインナームーン(2連勝中) 7ダイアナヘイロー(4連勝中) 13ファインニードル(セントウルS1着)が気になる。

印は

◎7ダイアナヘイロー

〇3セイウンコウセイ

▲13ファインニードル

△8レッドファルクス

△ワンスインナムーン

x4フィドゥーシア

買い目は馬連で

7ダイアナヘイローを軸に

-3セイウンコウセイ

-4フィドゥーシア

-6ワンスインナムーン

-8レッドファルクス

-13ファインニードル

各200円

スプリンターズS 上原師の決意

スプリンターステークス(2017) 結果

着順 馬番 馬名
レッドファルクス
レッツゴードンキ
ワンスインナムーン
スノードラゴン
12 ブリザード
10 ビッグアーサー
メラグラーナ
16 ダンスディレクター
フィドゥーシア
10 15 シュウジ
11 セイウンコウセイ
12 13 ファインニードル
13 ラインミーティア
14 11 モンドキャンノ
15 ダイアナヘイロー
16 14 ネロ

スプリンターズステークス(2017) 売上125億14百万円 当日中山競馬場入場人員3万74百人

スプリンターズステークス(2017) 寸評

外からグイグイとレッドファルクスが上がってきて、他馬をごぼう抜きにして圧勝。

内でレッツゴードンキがしぶとく残って2位

私の本命のダイアナヘイローは15着に沈みました。

9歳馬のスノードラゴンが4位に入ったのも驚いた人が多かったみたいです(笑)

春のスプリント王セイウンコウセイは11着

ダイアナヘイローはパドックの様子がイマイチ貧相な感じを受けたのですが、まわりが牡馬が多かったからそう見えただけですかね?

本調子ではなかったのかもしれません。

梅木官兵衛の馬券収支報告

2017年馬券購入金額累計 16,000円(内スプリンターズステークス分1,000円)

ここまでの配当金累計 11,755円(内スプリンターズステークス分0)

ここまでの回収率73.5%

上原博之師(スプリンターS)結果

関連記事