目次

ローズステークス 予想

ローズステークス(2017) 出馬表

ローズステークス出走馬のここまでの戦い

ローズステークス データ

ローズステークス 枠順別の分析(過去10年)

ローズステークス 脚質別データ

ローズステークス 種牡馬別データ

ローズステークス 前走データ

ローズステークス 各馬論評

1.クイーンマンボ

2.モズカッチャン

3.サトノアリシア

4.ミスパンテール

5.ミリッサ

6.リスグラシュー

7.メイズオブオナー

8.ブラックスビーチ

9.アロンザモナ

10.レーヌミノル

11.メイショウオワラ

12.ブライトムーン

13.ハローユニコーン

14.ラビットラン

15.カラクレナイ

16.カワキタエンカ

17.ファンディーナ

18.ヤマカツグレース

ローズステークスはこの馬券で勝負

ローズステークス 結果

ローズステークス レース後論評

梅木官兵衛の馬券収支報告

カラクレナイさん(ローズステークス)

 

ローズステークス 予想

待ちに待っていた、カラクレナイさん秋第一戦目

はたして彼女は優勝できるのか予想してみたいと思います。

ローズステークス(2017) 出馬表

馬番 馬名 騎手 脚質 主な勝鞍
クイーンマンボ ルメール 関東オークス(G2)
モズカッチャン デムーロ フローラS(G2)
サトノアリシア 北村友
ミスパンテール 四位洋
ミリッサ 福永祐
リスグラシュー 武豊 アルテミスS(G3)
メイズオブオナー 吉田隼
ブラックスピーチ 浜中俊
アロンザモナ 幸英明
10 レーヌミノル 池添謙 桜花賞(G1)
11 メイショウオワラ 小牧太
12 ブライトムーン 藤岡祐
13 ハローユニコーン 田辺裕
14 ラビットラン 和田竜
15 カラクレナイ 川田雅 フィリーズレビュー(G2)
16 カワキタエンカ 横山典
17 ファンディーナ 岩田康 フラワーカップ(G3)
18 ヤマカツグレース 松山弘

ローズステークス出走馬のここまでの戦い

クイーンSまでの戦い

↑自分的には凄く参考になりそうな気がして作成した今までの戦いの図

目だったところでは、桜花賞馬レーヌミノルが堅い感じだったけど、オークス13着をどう考えるか?

唯一の逃げ馬カワキタエンカがチューリップ賞(G3)5着、桜花賞(G1)7着と、「悪くないかも?」と思える成績を残していること

皐月賞7着のファンディーナが勝った重賞はフラワーカップ(G3)しかなくて、この時の相手が「弱かった」と思える相手であること。

この辺が悩みどころでしょう。

ローズステークス データ

ローズステークス 枠順別の分析(過去10年)

勝率の最も高い枠(過去10年)→4枠(馬番の7番8番) 11.1%

連帯率の最も高い枠(過去10年)→1枠(馬番の1番2番) 20.0%

複勝率の最も高い枠(過去10年)→1枠(馬番の1番2番)  26.7%

これだけ見ると内枠有利っぽいですが、複勝率が2番目に高い枠が7枠(馬番の13~15番)なので、それほど外枠が不利と言うわけでもないでしょう。

ただし7枠は過去10年で唯一優勝馬がいない枠です。

複勝率が目立って低いのが3枠、5.6%です。(次に複勝率が低い4枠で16.7%)

カラクレナイは15番、優勝馬が過去10年居ない枠ではありますが、複勝率が悪くない枠なので”たまたま”だと思っていいと思います。

ローズステークス 脚質別データ

過去10年の脚質別勝率は

逃げ 10.0%(複勝率30.0%)

先行 8.6%(複勝率17.1%)

差し 8.2%(複勝率26.2%)

追込 2.1%(複勝率10.6%)

前の方を走るほど勝率が上がります

カラクレナイは「差し」ですが、そもそも「末脚鋭い」というタイプではないので今回も差すのかは疑問です。

今回のレースは「逃げ」はカワキタエンカ一頭だけなので、各馬計算しやすい序盤になると思います。

2番手以降の前の方を走りたいのが、ファンディーナ、レーヌミノル、という2強です。

逆に「追込」はサトノアリシア、ブライトムーンなので、最後方は警戒しなくていいのかな(たぶん)

カラクレナイは差しと言うよりは少し前、第3集団で走ることになるでしょう。

2強をマークできるベストポジションですね(上手くレースが運べるかどうかは川田ジョッキーに期待しましょう)

ローズステークス 種牡馬別データ

過去10年で10頭の優勝馬がいますが

1位 ディープインパクト 4頭(複勝率は34.8%)

(出走馬:8.ブラックスビーチ 16.カワキタエンカ 17.ファンディーナ)

2位 アグネスタキオン 2頭(複勝率は28.6%)

3位 ステイゴールド 1頭(複勝率は25.0%)

4位 ハーツクライ 1頭(複勝率は33.3%)

(出走馬:6.リスグラシュー 7.メイズオブオナー 13.ハローユニコーン)

5位 ゼンノブロイ 1頭(複勝率は25.0%)

6位 クロフネ 1頭(複勝率は20.0%)

複勝率の良くない3枠4枠(馬番の5~8番)にハーツクライとディープインパクト産駒が3頭も入ってますね。

外枠の16.カワキタエンカ 17.ファンディーナには良いデータですね。

ローズステークス 前走データ

過去10年10頭の優勝馬がいるのですが

内8頭の前走がオークス

出走馬:2.モズカッチャン 4.ミスパンテール 6.リスグラシュー 8.ブラックスビーチ 10.レーヌミノル 13.ハローユニコーン

1頭が桜花賞

1頭が500万下

出走馬:7.メイズオブオナー 12.ブライトムーン 14.ラビットラン

まあ、「オークス走って休養して秋華賞を走る前にローズステークスで叩いておく」って王道を進む馬が勝ってるのは当たり前ですね。

強いからそういうコースを進んでるだけなので、皐月賞へ進んだファンディーナにもNHKマイルカップへ進んだカラクレナイにも悪いデータではないような気がします。

ローズステークス 各馬論評

1.クイーンマンボ

父:マンハッタンカフェ 母:スズカエルマンボ(シンボリクリスエス)

厩舎の話「芝はデビュー戦以来」「芝のスピード勝負に対応できるかどうかが鍵」

・・・「これじゃ買えない」と思ったのですが、

関東オークスは重馬場で1着、ブリーダーズゴールドカップも重馬場で2着になってるので、台風で大荒れならこの馬もアリか!?

2.モズカッチャン

父:ハービンジャー 母:サイトディーラー(キングカメハメハ)

オークス2着です。 最近悪くなった馬場で競馬やってないので重馬場は「未知」とも言えるのですが

新馬戦が稍重で6着、未勝利戦も稍重で3着 その後良馬場続きで 1→1→1→2(オークス) と着順が良くなってるので

もしかしたら重馬場適性ないかもしれません。

3.サトノアリシア

父:ハービンジャー 母:ラルーチェ(クロフネ)

前3走 3着(1600万下)、9着(OP)、9着(OP)

追込馬

加えてデビュー以来良馬場しか走ってない。

買う要素無し

4.ミスパンテール

父:ダイワメジャー 母:エールドクラージュ(シンボリクリスエス)

桜花賞を稍重で16着 オークスが良馬場で10着

買う気にはなれないです

5.ミリッサ

父:ダイワメジャー 母:シンハリーズ(singspiel)

今まで1600mしか走ってない馬で

成績は【3-0-0-1】

前走は1000万下のハンデ戦で1着

チューリップ賞で4着にもなってるし、全く「魅力が無い」とは言い切れないですね。

6.リスグラシュー

父:ハーツクライ 母:リリサイド(AmericanPost)

阪神JF2着 桜花賞2着 オークス5着の実力馬

私はこういう馬を応援したいんですよね。

頑張っていただきたい、ローズステークスよりむしろ秋華賞で!

(おそらくローズステークスは叩き台にすぎないでしょう)

7.メイズオブオナー

父:ハーツクライ 母:キャサリンオブアラゴン(HolyRomanEmperor)

前走は500万下です。

よっぽどの穴党でもないとなかなか馬券は買えません

8.ブラックスビーチ

父:ディープインパクト 母:ビジュアルショック(Kingmambo)

オークス9着 4月1日に未勝利戦を稍重で勝ってるので、馬場がムチャクチャになってたらためしに買ってみる?

9.アロンザモナ

父:ストリートセンス 母:リザーブシート(クリエイター)

稍重の桜花賞を14着

魅力ないなー・・・

10.レーヌミノル

父:ダイワメジャー 母:ダイワエンジェル(タイキシャトル)

桜花賞1着馬 オークスは13着

どう考えるか。

桜花賞は稍重だったことはプラス評価ですかね。

「マイル(1.6km)までの馬」という評価もありますが、私は+200mの距離延長は適応できると思います。

むしろ今回は本命にしたいくらいです、わけあってしないけど。

11.メイショウオワラ

父:ディープブリランデ 母:メイショウヤワラ(タイキシャトル)

今までこの馬3勝してるんですが、2勝は重馬場。

未勝利戦と500万下なので、それが参考になるかどうかはわかりませんが、雨で馬場がグチャグチャならコイツが優勝する可能性すらあるんじゃなかろうか・・・。

12.ブライトムーン

父:ルーラーシップ 母:ルアシェイア(フジキセキ)

目だった成績は無し

追い込み馬なので買わない

13.ハローユニコーン

父:ハーツクライ 母:サンタローズ(パントレセレブル)

オークス14着ではあるが2000mの忘れな草賞を勝ってるのは忘れてはならない

14.ラビットラン

父:Tapit 母:Amelia(DixielandBand)

ダート適性があるみたいなので、重馬場だと走りそうな気がしないでもない。

が、成績上は魅力は無い

15.カラクレナイ

父:ローエングリン 母:バーニングレッド(アグネスタキオン)

このブログのヒロインなので、この馬を中心に考えざるを得ないのですが

「まあ3着くらいなら」とも思ったんですけどね

今までの成績【3-0-0-3】の馬の2着、3着の可能性って低い気がする。

しかし今回は相手が強いので1着とるつもりで走って2着とか3着とかはあるかもしれない・・・とかすごく悩んだ。

でも結局台風来そうで、誰が勝ってもおかしくない状態なので、カラクレナイ◎にしてワイドで流してみようと思います。

優勝もあり得るけど最下位もあり得るでしょう。

ただ枠順や相手の位置取りを考えたら、カラクレナイにとってはかなり理想的な舞台になったと思います。

あとは本当は力があるのか無いのか、はたまた「大雨」になって天を味方につけるのか、逆に天に見放されるのか

テレビの前で釘付けになって応援するしかないでしょう。

↓描いたのはいいんだけど、使い道がなかった絵

カラクレナイさん(ローズステークス)

16.カワキタエンカ

父:ディープインパクト 母:カワキタポップ(クロフネ)

唯一の逃げ馬なのですが、逃げ残りしそうな気がします。

大敗もあり得るけど

17.ファンディーナ

父:ディープインパクト 母:ドリームオブジェニー(Pivotal)

皐月賞7着 おそらく今回の1番人気馬なんですが

私は掲示板を外してる皐月賞が「良い」とも思えないんですよね。

ディープ産駒、外枠、先行馬・・・データ的には追い風ムードです。

面白味が無いので私は買いません。

18.ヤマカツグレース

父:ハービンジャー 母:ヤマカツマリリン(グラスワンダー)

2000mのフローラステークスで2位になったことがあるのは評価プラスかなと思います。

この馬も頑張って欲しいです。

ローズステークスはこの馬券で勝負

台風でムチャクチャな馬場になると予想して

「こんなの予想できるわけあるか!」と言いたくなるようなレースになると予想。

ここは好きな馬を軸にしてワイドでたくさん流します。

◎15.カラクレナイ

ー1.クイーンマンボ

ー3.サトノアリシア

ー5.ミリッサ

ー7.メイズオブオナー

ー11.メイショウオワラ

ー12.ブライトムーン

ー13.ハローユニコーン

-14.ラビットラン

ー16.カワキタエンカ

ー18.ヤマカツグレース

カラクレナイからワイド10点流し 1000円!

今までの長文予想はなんだったんでしょうねぇ・・・。

ローズステークス 結果

着順 馬番 馬名
14 ラビットラン
16 カワキタエンカ
リスグラシュー
ミリッサ
11 メイショウオワラ
17 ファンディーナ
モズカッチャン
12 ブライトムーン
10 レーヌミノル
10 ミスパンテール
11 サトノアリシア
12 クイーンマンボ
13 メイズオブオナー
14 15 カラクレナイ
15 アロンザモナ
16 ブラックスビーチ
17 13 ハローユニコーン
18 18 ヤマカツグレース

天候:曇り 芝:良

ローズステークス レース後論評

台風が来てるのに、まさかの良馬場でした。

カラクレナイはレーヌミノル・ファンディーナよりも前を走りました。

この戦法は私は悪くなかったと思います。

先頭から数えて3番手~5番手辺りを走りましたが、4コーナーまでは良かったですが、2コーナーで力尽きた・・・。

1着のラビットランの差し脚が鮮やかに決まりました。

秋華賞に向けてどう判断するか悩ましいですね。

カラクレナイだけの話ではないですが「ここは秋華賞のたたき台、台風の影響もあるので無事にレースが終わればそれでいい」という判断もあったでしょう。

このレースの結果では秋華賞は占えない気がします。

梅木官兵衛の馬券収支報告

2017年馬券購入金額累計 14,000円(内ローズS分1,000円)

ここまでの配当金累計 11,755円(内ローズS分0)

ここまでの回収率84.0%

2017年9月17日(日) 阪神11R ローズステークスの予想結果

ローズステークス2017結果

関連記事



三歳牝馬応援GIF